新子景視のマジック「ブレインダイブ」がすごい!結婚、経歴、プロフィールは?

こんにちは。

11月18日放送の『有田哲平と高嶋ちさ子の人生イロイロ超会議』に、
イケメンマジシャンの新子景視(あたらし けいし)さんが出演されます。

新子景視さんがマジックをするようになったきっかけ、
プロフィール、経歴、結婚して妻や子どもはいるのかについて調べてみました。

スポンサーリンク

新子景視さんのプロフィール

氏名  新子 景視(あたらし けいし)

生年月日  1987年3月31日

出身地  和歌山県

学歴  関西大学 社会学部 卒業

所属  株式会社SLUSH-PILE.

職業  マジシャン

お名前が珍しいですよね。

難しい漢字を使っているわけではないのですが、まず読めません。

これは職業上の名前かなと思ったのですが、
どうも本名らしいとの情報がありました。

新子景視さんのマジック

新子景視さんのマジックは、

・観客の至近距離で演じるクロースアップマジック、
・ステージマジック、
・大掛かりなイリュージョンと、

様々なジャンルのマジックが得意なんだそうです。

なかでも、「ブレインダイブ」というマジックは
テレビでも披露されたりしているので有名です。

「ブレインダイブ」は、コールド・リーディングという話術を使い、
人の脳に潜り込み本人しか知り得ない情報を読み取るマジックで、
新子さんが独自に考案したものです。

こちらが「ブレインダイブ」の動画です。

あくまで「マジック」なので、タネもしかけもあるわけですが、
どうなっているんでしょうかね(?_?)

新子景視さんの経歴

新子景視さんが小学生の頃に、母親が家でトランプマジックを
見せてくれたことがありました。

初めて目にするマジックに衝撃を受けた新子さんは、
すぐに母親にトリックを教えてもらって、
次の日には学校で披露するくらいマジックにのめり込んでいきました。

独学でマジックを研究、習得し、
17歳のときにマジシャンとしてプロデビューを果たします。

ちなみに高校には通っており、3年間生徒会長を務めたそうですから、
とても優秀な方なのだと思われます。

それにしても生徒会活動をこなしながら、
マジシャンとしてもデビューするって、
とても忙しい学生生活を送ったんですね。

高校卒業後は、関西大学に進学。

社会学を学び、ときには教授に頼まれて各学部に
マジックを用いた社会学を教えに行ったこともあったそうです。

卒業論文もマジックがテーマだったそうで、
マジックと学問を結び付けて学んでいたんですね。

大学卒業後は、世界的に有名なマジック専門会員制クラブ「マジックキャッスル」の
メンバーとなり、プロマジシャンとしての活動を始めました。

セリフを使わないノンバーバル・パフォーマンス『ギア -GEAR-』では、
創世期メンバーとして、マジック演出や俳優として出演。

現在は、マジックショーやディナーショー、舞台などのマジック演出など、
幅広くご活躍されています。

スポンサーリンク

結婚して妻や子どもはいるの?

新子景視さんが結婚して妻や子どもがいるのかについて調べてみました。

しかし、これについての情報は見つかりませんでした。

人気のイケメンマジシャンですから、絶対にモテるとは思うのですが(^^)

スポンサーリンク

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク