ベビーカーおろすんジャー(方南町のヒーロー)の素顔・正体は?なぜ緑色?【所さん!大変ですよ】

こんにちは。

7月11日放送の『所さん!大変ですよ』に、
ベビーカーおろすんジャーさんが出演されます。

ベビーカーおろすんジャー?

何ソレ?

と思いますよね。

見た目は、緑の戦隊コスチュームに身を包む覆面ヒーローです。

出典:http://orosunja.com/profile.html

一体、どんな方なんでしょうか?

気になったので、調べてみました。

スポンサーリンク

ベビーカーおろすんジャーとは?

東京都杉並区にある方南町駅で、
ベビーカーや重い荷物の上げ下ろしを手伝う活動をされている町のヒーローです。

方南町駅には、2017年12月まで、
エレベーターやエスカレーターがなかったので、
2012年頃からベビーカーをおろす活動を始めたそうです。

名前の由来は、ベビーカーをおろす活動をするために
わかりやすい名前を付けたそうです。

たしかに、そのままのネーミングなので、わかりやすいですね。

スポンサーリンク

ベビーカーおろすんジャーになったきっかけは?

ベビーカーおろすんジャーさんは、小学校6年のときに父親を亡くしました。

大学入学を機に上京し、方南町に住むようになりました。

(母親は実家で一人で暮らしているそうです。)

20歳頃のときは、お笑い芸人になりたかったのですが、うまくいきませんでした。

そんなときいつも励ましてくれたのが方南町の人たちでした。

みんなとても温かく、まるで地元にいるかのような感覚で過ごすことができたそうです。

それで何か恩返しができないかと考え、2007年頃から街の掃除を始めました。

掃除を通して街の人と触れ合いたかったのですが、
シャイなために素顔では恥ずかしくて話しかけることができませんでした。

そこで、学生時代にイベントで使ったコスチュームを着用して
活動するようになったそうです。

2012年頃、ベビーカー連れのママさんが、
「方南町駅にはエレベーターがないので、ベビーカーで電車に乗るときは
エレベーターのある隣駅まで行くんです。」
と話してくれたのをきっかけに、
ベビーカーをおろす活動を始めました。

これがベビーカーおろすんジャー誕生のきっかけだそうです。

エレベーターが設置された現在も、荷物の上げ下ろしを手伝ったり、
「おろすんまつり」という子ども向けのイベントや、
自分たちで野菜を育てる「おろすん農園」を開始して、
方南町で活躍されていらっしゃいます。

素顔や正体は?

ベビーカーおろすんジャーの素顔や正体が気になりますよね。

本名は、カネマス タダヒロさんとおっしゃり、
普段はお米屋さんで働いているようです。

恥ずかしがり屋なので、当然、素顔は公表されていません。

このような写真はありましたが、
これ以上追及するのは控えた方がよさそうですね。

なぜ緑色?

「自分はレッドの器じゃないし、野菜が好きだから。」だそうです。

なんだろう、あまりかっこつけてないかんじがするからか
なんだか親しみが持てる回答ですね(^^)

ちなみにこの衣装は、ドンキホーテで販売されているものだそうです。

スポンサーリンク

まとめ

ベビーカーおろすんジャーについて、まとめてみました。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク