樋口貴典のアンティーク店ケントストアの場所や通販は?経歴、プロフィールは?

こんにちは。

11月21日放送の『世界はほしいモノにあふれてる』は、
「暮らしを豊かにするアンティーク イギリス」です。

イギリスアンティーク家具のお店「KENT STORE(ケントストア)」の
バイヤーの樋口貴典さんが出演されます。

アンティークの本場イギリスを訪れ、究極の逸品を求める様子が紹介されます。

アンティーク好きにはたまらない回になりそうですね!

今回は、樋口貴典さんについて調べてみました。

スポンサーリンク

樋口貴典さんのプロフィール

氏名  樋口 貴典(ひぐち たかのり)

生年月日  不明

出身地  不明

職業  株式会社ケント 代表取締役

樋口貴典さんの生年月日や出身地、学歴、
結婚しているのかなどを調べてみたのですが、
プライベートなことはあまり公表されていないようで、
情報はほとんど見つかりませんでした。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

#england #london #bakery #baker #danlepard

樋口貴典(@higuchi_takanori_kent)がシェアした投稿 –

樋口貴典さんの経歴

樋口貴典さんは、もともとはイギリスのことが特別好きというわけではありませんでした。

そんな樋口さんが、アンティークの世界に入ったきっかけは、ロンドンタクシーでした。

学生の頃に、東京の中野でロンドンタクシー(Austin FX4)に出会って、
大好きになったそうです。

そして社会人になったとき、レンガ造りの倉庫に横付けされたロンドンタクシーを発見。

倉庫をのぞくと、中には古い家具が山積みになっていました。

この倉庫は設立前のアンティーク関連会社だったんです。

そこへオーナーが現れ、流れで一緒にビジネスをやることに。

アンティークのことは何もわからない樋口さんでしたが、
「これでロンドンタクシーに乗れる!」と思って、この世界に入りました。

きっかけが面白いですよね。

ロンドンタクシー目当てで仕事を始める樋口さんもすごいですが、
アンティークの知識のない樋口さんを引き入れたこのオーナーの方もすごいですね!

その会社で創業メンバーとして働いた樋口さんでしたが、
そのうち日本の販売手法に疑問を持つようになりました。

アンティーク家具は、本来、長く使うために修理しやすい設計になっています。

不具合が生じれば修理、再生してまた使うということを繰り返しているのです。

しかし、日本では古いものを大切にせず、何年かしたらゴミとして捨ててしまう。

これでは”アンティークの墓場”であると知らされました。

そうなってしまうのは、販売側のサポート体制が整っていないから。

イギリスでは、修理をする職人、サポート組織、材料メーカーなどが
そろっているのですが、日本にはありません。

それで、イギリスのように修理の行き届いた、
日本では今までにないアンティーク家具ビジネスをしよう!と決意。

2年の歳月をかけて準備し、2002年に株式会社ケントを設立しました。

買付、輸入、修理、販売、アフターケアを一貫体制で総合的に運営する
アンティーク家具専門として、国内最大規模のアンティーク家具を取り扱う店に成長。

アンティーク家具に携わり30年以上、イギリス訪問100回以上の経験を活かして、
現在は様々な方面でご活躍されています。

スポンサーリンク

KENT STORE(ケントストア)

樋口貴典さんのイギリスアンティーク家具店「KENT STORE(ケントストア)」は、
東京都静岡に店舗があります。

ケントストア 静岡本店

住所 〒422-8058 静岡県静岡市駿河区中原453-3
TEL 054-204-7003
営業時間 9:00~18:00
定休日 なし

ケントストア 東京目黒店

住所 〒153-0064 東京都目黒区下目黒3-7-6
TEL 03-6420-0548
営業時間 11:00~20:00
定休日 なし

「KENT STORE(ケントストア)」はオンラインショップもあるので、
お店まで行けないという方でも購入可能ですよ。

「KENT STORE(ケントストア)」のオンラインショップはこちらです。

アンティーク家具なので、やはりお値段はそれなりにはしますが、
素敵な家具はたくさんあるので、見るだけでも楽しいですよ(^^♪

スポンサーリンク

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク