福原志保の夫、父母は?バイオアーティストの経歴、プロフィールは?

こんにちは。

10月11日放送の『いま知りたい天才5人VSさんま岡村SP』に、
バイオアーティストの福原志保さんが出演されます。

世界を飛び回る奇抜な天才アーティスト”と紹介され、
バイオアートに携わっているそうですが、どんなアートなんでしょうか。、

福原志保さんについて、調べてみました。

スポンサーリンク

福原志保さんのプロフィール

氏名  福原 志保(ふくはら しほ)

生年月日  1976年

出身地  新潟県

在住  ロンドン

職業  アーティスト、研究者、開発者

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Thanks @superstars.hairsalon Paris to work hours for my new look. Never been so blond like this. Ready to rock tomorrow🤩 #newhair #fakeblonde #besthairsalon

Shiho Fukuharaさん(@shhiih)がシェアした投稿 –

福原志保さんの経歴

福原さんは、高校卒業後の18歳のときに語学留学のためフランスに渡りました。

その後、英語を学ぶためにイギリスに渡ったのですが、
英語よりもアートに興味を持ち、アートを学び始めました。

2001年、セントラル・セント・マーチンズのファインアート学士過程を修了。

2003年、ロイヤル・カレッジ・オブ・アートのインタラクション・デザイン修士課程を修了。

卒業制作として発表した「Biopresence(バイオプレゼンス)」のプロジェクトで
注目されました。

2004年、ゲオアグ・トレメルとアーティスティック・リサーチ・フレームワーク
「bcl」を結成。

さらに、ゲオアグ・トレメルと共に英国科学技術芸術基金の
パイオニア・アワードを受賞して、
亡くなった人の遺伝子を樹木に埋め込む新たな墓標を提供する
バイオプレゼンス社をロンドンで設立しました。

2007年からは活動拠点を日本に移して、
アーティスティック・リサーチ・フレームワークBCLを結成しました。

2015年9月~2016年3月、金沢21世紀美術館にて、
『Ghost in the Cell:細胞の中の幽霊』展を開催しました。

ヴォーカロイドの初音ミクの遺伝子と心筋細胞を展示して話題を呼びました。

現在は、早稲田大学理工学術院 電気・情報生命工学科の嘱託研究員として、
バイオの研究と制作を行っています。

また、Google ATAP Project Jacquardのテキスタイル開発兼クリエイティブ・リード
として、マルチタッチセンサーを布に織り込むことで、
「見えない技術」の開発に取り組んでいるそうです。

バイオアートって何だろうと思いましたが、
亡くなった方の遺伝子を樹木に埋めるとか、
やはりなかなか普通の人には思いつかない発想ですよね。

父親と母親は?

福原志保さんの父親は、大学で解剖学と矯正歯科学の研究をしていたそうです。

母親の職業はわかりませんでしたが、福原さんが失敗したりしてもあまり怒ったりするような方ではなく、「自分で何とかしなさいね。」とおっしゃるような大らかな方だったようです。

また、福原さんには、9歳上のお兄さんもいらっしゃるようです。

結婚しているの?

福原志保さんが結婚されているのかについて調べてみました。

旦那さんは、オーストリア人のゲオアグ・トレメルさんという方である
という情報がありました。

経歴のところに記載していますが、
2004年に福原さんと一緒に「bcl」を結成し、
さらにパイオニア・アワードを受賞している仕事の
パートナーでもある方ですね。

ただ、本当にこの方が旦那さんなのか真偽のほどは不明です。

正確なことがわかりましたら、また追記したいと思います。

また、福原さんには娘さんが一人いることは判明しています。

これはご自身のTwitterでふれられているので間違いないです。

スポンサーリンク

まとめ

福原志保さんについてまとめてみました。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク