イラストパンが海外でも話題!RANの経歴や教室は?【レディース有吉】

こんにちは。

6月11日放送の『レディース有吉』では、
イラストパンについて特集されます。

イラストパンとは、
金太郎飴のように切ると断面に絵が出るパン”のことだそうです。

かわいいですよね。

上のピカチュウは、izumiさんという方が作られたもので、
レディース有吉』でも紹介されるようです。

イラストパンは、もともとはパン教室konel(コーネル)
運営しているRanさんという方が考案されました。

そのユニークさから、アメリカのニュース番組CNNをはじめ、
様々な国で話題になっており、日本だけでなく世界で注目されています。

イラストパンや、考案者であるRanさんについて調べてみました。

スポンサーリンク

Ranさんのプロフィール

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ranさん(@konel_bread)がシェアした投稿

氏名  Ran(らん)

出身  静岡県

Ranさんの前職はヘアメイクアップアーティストで、雑誌やテレビ番組で
モデルや芸能人のヘアメイクを担当されていたそうです。

2010年にパン作りに興味をもたれて、独学でパンを作り続けていました。

そして、ケーキ・パン教室「Convivialite 」(世田谷)で、
本格的にパン作りを学ばれたのだそうです。

2015年12月、パン教室「konel」(コーネル)を開きました。

考案したイラストパンが人気を博し、
2016年、「イラストパンレシピBOOK」(扶桑社)を出版されました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

イラストパンレシピBOOK【電子書籍】[ Ran ]
価格:778円 (2019/6/11時点)

楽天で購入

 

自然素材で安心

Ranさんのパンは、色鮮やかでかわいいですよね。

でも着色料を使っておらず、野菜などの自然素材で色をつけているのだそうです。

大人も子どもも安心して食べられるのが嬉しいですね。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ranさん(@konel_bread)がシェアした投稿

バラの花など、かわいいですね。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ranさん(@konel_bread)がシェアした投稿

こちらのハチのイラストパンは、息子さんが描いたイラストを
母であるRanさんがイラストパンにされたそうです。

これは息子さんも喜びますし、素敵ですよね。

1本のパンから3つのイラストが出てくるなんて、発想がすごいですよね。

イラストパンの作り方は?

イラストパンの作り方の参考になる動画がありました。

ものすごく簡単に言えば、パン生地をいくつかに分けて、それぞれ着色し、
巻きずしのようにまいて成型していくようですね。

パン教室「konel」の場所や料金は?

出典:https://ameblo.jp/raaaaaaaaaaaaan/entry-12298462093.html

Ranさんが運営するパン教室「konel」ですが、
東京都町田市のご自宅で開催されていらっしゃるため
詳しい住所は公開されていません。

申し込みをされた方にのみ詳しい住所が教えられるそうです。

レッスンは2種類

《単発レッスン》

受講料:5,000円
時間:約4時間
定員:各回4名
20cmのラウンドパン1本お持ち帰り

《イラストパン認定講座》

イラストパンの認定講師になるための講座です。

講座料金

  115,000円(税込124,200円)  
 ・授業料 6時間×2日間  100,000円
 ・材料、テキスト代  5,000円  
 ・認定料  10,000円
 
認定講座終了後にお渡しするもの
 
① 認定証 
② シリアルナンバー入りのロゼット 
③ 認定講座5種類のレシピデータ (生徒用)
④ 認定講座5種類の完成イメージ写真データ

現在はスケジュールの関係で、残念ながらRanさんの
教室の申し込みはできないようです。

しかし、認定講師の教室で、単発レッスンを受講することは
可能らしいので、イラストパンを作ってみたい方は
認定講師の教室に問い合わせされてみたらいいかもしれません。

認定講師の教室はこちらです。

スポンサーリンク

まとめ

イラストパンやRanさんについて、まとめてみました。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク