葛西啓之は東大卒で元電通の和太鼓奏者!経歴や結婚は?【水トク】

こんにちは。

3月20日の『水トク』に、和太鼓奏者の葛西啓之さんが出演されます。

東大を卒業し、大手広告会社の電通に入社したにもかかわらず、4年で退社し、
プロの和太鼓奏者になられた方です。

今では年間300公演を行うほど人気の和太鼓グループ彩 -sai-の代表を
務めていらっしゃいますが、ここまでくるのにはやはりそれなりのご苦労があったようです。

そんな葛西さんの経歴について、調べてみました。

スポンサーリンク

葛西啓之さんのプロフィール

出典:葛西啓之

氏名  葛西 啓之(かさい たかゆき)

生年月日  1987年2月11日

出身地  神奈川県横浜市

血液型  O型

学歴  桐蔭学園高等学校卒業、東京大学文学部日本語日本文学専修課程卒業

和太鼓グループ彩 -sai- とは?

葛西さんは、桐蔭学園高校の和太鼓部に所属していました。

高2の引退ライブで首の骨を太鼓のたたきすぎで疲労骨折したくらい
和太鼓の活動をやりきったので、
大学では当初は和太鼓をするつもりはなかったそうです。

しかし、大学入学前の2005年3月、和太鼓部同期の友人達と集まって
太鼓の活動をどうするかなどの話をした際に、
「大学に入ってからもやろう!」ということになり、
太鼓のチームを作ることになったそうです。

そうしてできたのが、「和太鼓グループ彩 -sai-」でした。

東京大学のサークルとして結成されましたが、
メンバーのうち2人はまだ浪人生だったこと、
太鼓の購入費などを稼ぐためアルバイト三昧だったこともあり、
当初は演奏活動はできませんでした。

2006年から演奏活動ができるようになったようです。

2009年3月に東大を卒業後、株式会社電通に入社。

しかし、和太鼓への情熱が忘れられず、2013年3月に退社し、
4月、プロ和太鼓グループ彩 -sai- として、本格的に和太鼓奏者として活動されました。

電通の生涯年収は、4億6000万円だそうです!

それよりも和太鼓奏者としての道を選択された決断、すごいですね。

もちろん、すぐに成功したわけではなく、
貯金はゼロ、レタスでしのぐ極貧生活を送った日もあったようです。

そんな生活が、国民的番組に出演したことから、人生大逆転!

今では引っ張りだこの人気集団になりました。

この国民的番組は、おそらく2014年3月に出演した
『笑っていいとも』ではないかと推測されます。

2018年7月時点でのメンバーは、18〜31歳までの男性23人で構成されています。

白石麻衣や菅田将暉と共演した作品は?

和太鼓グループ彩 -sai- は、CMや映画にも出演しています。

キリンビール(株)の「氷結」のCMでは、
白石麻衣さんに太鼓の指導をしたり、一緒に出演されたそうです。

そのCMはこちらです。

乃木坂46・白石麻衣、大胆なさらし姿で和太鼓演奏披露 東京スカパラダイスオーケストラと初コラボ 『キリン 氷結 300%レモン』新CM&ウェブムービー

また、菅田将暉さんの主演映画『帝一の國』でも、
太鼓の指導をしたりエキストラ出演されたそうです。

「帝一の國」360度VR動画「フンドシ太鼓編」

この映画、見たことあるのですが、おもしろかったです!

登場人物は、死に物狂いで必死に頂点を目指しており、
その様はいたって真剣なのですが、やってることはめちゃくちゃで、
それが笑えるんですよね。

笑える映画が見たい方にはおすすめの作品です(^_^)

葛西さんは結婚しているの?

葛西さんが結婚しているのか調べてみました。

はっきりとはわかりませんでしたが、まだ独身のようです。

スポンサーリンク

まとめ

葛西啓之さんについて、まとめてみました。

葛西さんの今後のご活躍をお祈りいたします。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク