河村尚子(ピアニスト)の経歴、結婚、プロフィールは?夫と娘がいる?

こんにちは。

10月4日放送の『ららら♪クラシック』に、
ピアニストの河村尚子さんが出演されます。

映画『蜜蜂と遠雷』で主人公・栄伝亜夜を演じた松岡茉優さんの
ピアノ演奏を担当されたのが河村尚子さんです。

河村尚子さんについて調べてみました。

スポンサーリンク

河村尚子さんのプロフィール

出典:河村尚子

氏名  河村 尚子(かわむら ひさこ)

生年月日  1981年5月10日

出身地  兵庫県西宮市

職業  ピアニスト

河村尚子さんの経歴

河村さんは、3人兄妹の末っ子として生まれました。

兄と姉がピアノを習っていたので、河村さんもピアノを学ぶようになりました。

1986年、5歳のときに父の転勤でドイツに渡ります。

ドイツでの生活が落ち着いてから、またピアノを習いました。

小学3年生ぐらいのときに、
漠然とピアニストになりたいという夢を持ちましたが、
本気でピアニストになるかどうか真剣に考えたのは
12歳ぐらいのときでした。

ゲッティンゲンのショパン・コンクールに出場し、
ポーランド人のバートル・シュライバー先生から初めてのレッスンを受けた後で、

「次回のレッスンまでにプロを目指すのかどうするのか考えてくるように。」

と言われたことがきっかけでした。

さらに練習に励むようになった河村さんでしたが、
ピアニストになることの難しさを考え、
ほかの道を考えたこともありました。

しかし、父親が海外赴任を終え帰国することになったときに、
ピアニストの道を進むこと決め、
母親と2人でドイツに残って生活を続けました。

その後、ハノーファー国立音楽芸術大学に進学。

在学中にヴィオッティ(ヴェルチェリ)、カサグランデ、ゲーザ・アンダなど
ヨーロッパの数々のコンクールで優勝・入賞を重ねました。

2006年には難関ミュンヘン国際コンクール第2位を受賞。

2007年には、クララ・ハスキル国際コンクールにて優勝しました。

その後、ドイツを拠点に、ヨーロッパ、ロシア、日本などで
リサイタルを行うようになりました。

また、ウィーン交響楽団、サンクトペテルブルク・フィルハーモニー交響楽団、
ロシア国立交響楽団、モスクワ・ヴィルトゥオーゾ室内管弦楽団、
バーミンガム市交響楽団、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団、
ハンガリー国立フィルハーモニー管弦楽団などのソリストに迎えられています。

日本では、2004年に東京フィルハーモニー交響楽団の定期演奏会でデビューしました。

その他、NHK交響楽団をはじめ日本国内の主要オーケストラと共演を果たしています。

現在はピアニストとしての活躍される傍ら、
ドイツ・エッセンのフォルクヴァング芸術大学教授、
東京音楽大学特任講師を務めていらっしゃいます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ集1 悲愴&月光 第4番・第7番 [ 河村尚子 ]
価格:3300円(税込、送料無料) (2019/10/4時点)

楽天で購入

 

受賞歴まとめ

河村さんの受賞歴をまとめました。

国内外を問わず、様々な賞を受賞されているんですね。

・2006年、ミュンヘン国際コンクール 第2位受賞
・2007年、クララ・ハスキル国際コンクール 優勝
・2009年、新日鉄音楽賞
・2009年、出光音楽賞
・2009年、日本ショパン協会賞
・井植文化賞
・2012年、文化庁芸術選奨文部科学大臣新人賞
・2013年、ホテル・オークラ音楽賞

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

映画「蜜蜂と遠雷」〜河村尚子 plays 栄伝亜夜 [ 河村尚子 ]
価格:3300円(税込、送料無料) (2019/10/4時点)

楽天で購入

 

結婚しているの?

河村さんは結婚されていらっしゃいます。

夫はチェロ奏者だそうです。

名前や結婚時期などは、はっきりとはわかりませんでした。

また、2018年に「3歳の娘がいる」ことが紹介されていましたので、
おそらく現在、4歳になった娘さんがいると思われます。

スポンサーリンク

まとめ

河村尚子さんについてまとめてみました。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク