憲真(書道家)の作品や価格、経歴は?ドバイ王族依頼の作品は1億円?!

こんにちは。

4月27日に放送の『ひねくれ3』に、
覆面書家の憲真さんが出演されます。

ドバイの王族の依頼で書いた作品の価格は、
なんと1億円ほどだったとか!

さらに驚きなのは、書は習ったことがなく我流なのだそうです。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

憲真さん(@kenshin.japan)がシェアした投稿

世界でご活躍される憲真さん。

一体、どんな方なのでしょうか?

気になったので、調べてみました。

スポンサーリンク

憲真さんのプロフィール

出典:https://twitter.com/kenshin_japan

名前  筆跡詩仙流 憲真(けんしん)

生年月日  1977年9月8日

出身地  鹿児島県

身長  180cm

職業  書道家

憲真さんは、左手で文字を書き、右手で絵を描きます。

右利きなのですが、右手で書くと”きれいに”書いてしまうので、
”自然な強弱がつけられる”よう、あえて左手で文字を書いていらっしゃるそうです。

利き手でない手であれだけの作品、パフォーマンスができるってすごいですね。

憲真さんが作品を描かれている動画です。

作品の価格は500万円以上!

憲真さんは、500万円以下の仕事は基本的にはしないそうです。

理由は、”命をけずって”作品を作っているからだそうです。

というのは、作品が書けないときは、
寝ない・飲まない・食わないときもあるのだそうです。

ときには、三日三晩寝ないこともあり、そうなると幻覚が見えてきて、
そこから発想を得たデザインを作品で描くこともあるようです。

まさに命がけですね。

こちらのサッカー日本代表「サムライブルー」のデザインも手がけていたんですね。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ただいま〜♪でした。 走行距離4,300キロの旅。 前半:東京〜京都〜大阪〜鳥取〜京都〜淡路島〜香川〜直方〜福岡〜大分〜鹿児島 後半:鹿児島サンロイヤルホテル〜長崎〜佐賀〜山口〜広島〜愛媛〜大阪〜山梨〜東京 後半戦はいつも制作活動の時最高の環境を提供して下さる【 サンロイヤルホテル 】さんから。お見送りをしてくださった支配人、社長、前田ちゃん。ありがとうございます。 この旅で得たモノは確実に今後の人生を変えてくれる。 全てに感謝して今日から次のステージへ。 感謝します。 憲真 #旅 #ninja #peugeotrcz #japan #art #日本代表 #ロゴ #憲真 #kenshin #work

憲真さん(@kenshin.japan)がシェアした投稿 –

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Mountain Fuji. 富士山♪ #art #japan #ninja #kenshin #artist #fuji #富士山 #赤富士 #きみや #大阪 #mountain #絵画

憲真さん(@kenshin.japan)がシェアした投稿 –

ドバイの王族の依頼で書いた作品は1億円?!

ドバイの王族の依頼で作品を書いたこともある憲真さん。

値段は都内でマンションが買えるほどの金額ということで、
1枚1億円ほどだそうです。

2枚書かれたそうなので、合計2億円ということですね。

驚愕ですね。

なぜ、書道家になったの?

憲真さんは、30歳頃まではパン屋だったそうです。

アートに興味はあったのですが、職業にしようとまでは思っていませんでした。

しかし、30代半ば頃に転落事故で大怪我をし、
「人は簡単に死んでしまう。やりたいことをやらないともったない。」
と思い、興味のあったアートの道に進まれました。

ロンドンに行って、「日本人」であることを活かして、
忍者の格好でパフォーマンスをしたところ注目され、
世界で活躍される書道家になられました。

もちろん忍者のパフォーマンスだけでは注目されないと思います。

優れたセンス、作品の良さがあってこその結果ですよね。

スポンサーリンク

憲真さんの本名は?素顔は?

本名は不明です。

覆面しているので、素顔もわからないと思っていたのですが、
過去のインスタグラムでは素顔がわかる写真が公開されていました。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

憲真さん(@kenshin.japan)がシェアした投稿

まとめ

憲真さんについてまとめてみました。

国内外でご活躍されている憲真さん。

生きている間に、100作品しか作らないと決めておられるそうです。

しかも残り少ないらしいです。

そうなると、憲真さんの作品やパフォーマンスは、
いずれ見られなくなってしまうのでしょうか。

全身全霊で作品作りをされる憲真さんの今後のご活躍に期待したいと思います。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク