南谷真鈴(登山家)はミス日本特別賞の美人!経歴は?【梅沢富美男のズバッと】

こんにちは。

6月12日放送の『梅沢富美男のズバッと聞きます!』に、
登山家・冒険家の南谷真鈴(みなみや まりん)さんが出演されます。

南谷さんは、2019年、雑誌『ニューズウィーク日本版』(4月30日号)で
世界が尊敬する日本人100人に選ばれました。

現役大学生でありながら、登山家としても活躍し、
さらには「第51回ミス日本コンテスト2019」において、
特別賞「和田静郎特別顕彰ミス日本」を受賞するほどの美貌をお持ちの南谷さん。

一体どんな方なのか気になったので、南谷さんについて調べてみました。

スポンサーリンク

南谷真鈴さんのプロフィール

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

M A R I N M I N A M I Y Aさん(@marin_minamiya)がシェアした投稿

氏名  南谷 真鈴(みなみや まりん)

生年月日  1996年12月20日

出身地  神奈川県川崎市出身

学歴  東京学芸大学附属国際中等教育学校 卒業
    早稲田大学 政治経済学部 国際政治経済学科 在学中

趣味  山岳活動、料理、スキー、マリンスポーツ全般

南谷さんは、父親が貿易関係の仕事をしていたため、
幼い頃から海外で暮らしていました。

1歳半からマレーシア、大連、上海、香港とアジア各地を転々としていたそうです。

香港の中学校に通っていた13歳のときに、初めて登山を経験しました。

その後、ネパールのアンナプルナ(ヒマラヤ山脈に属する山群)を訪れ、
エベレストを見て「絶対に登りたい。」と決意。

2015年1月に南米最高峰アコンカグアを登頂。

以降も各大陸最高峰を次々と登頂されました。

2016年5月23日、日本人最年少記録で見事、エベレストに登頂されました。

登山歴

出典:南谷真鈴

南谷さんの登山歴です。

2015年 1月  18歳。アコンカグア登頂(南アメリカ大陸)※
2015年 3月  阿弥陀岳(長野県)
◆250mの滑落事故。死を覚悟したが無傷の生還。
2015年 4月  早稲田大学政治経済学部入学
2015年 8月  キリマンジャロ登頂(アフリカ大陸)※
2015年 8月  モンブラン(西ヨーロッパ最高峰)
2015年 12月  コジオスコ登頂(オーストラリア大陸)
2015年 10月  マナスル登頂(ネパール)女性世界最年少
2015年 12月  ヴィンソン・マシフ登頂(南極大陸)※
2016年 1月  19歳。南極点踏破 ※
2016年 2月  カルステンツ・ピラミッド(オセアニア最高峰)※
2016年 3月  エルブルス登頂(ヨーロッパ大陸)※
2016年 5月  エベレスト登頂(アジア大陸)※
2016年 7月  デナリ登頂(北アメリカ大陸)※
◆強い吹雪で命の危険にさらされる。
2017年 4月  20歳。北極点踏破 ※

※は探検家グランドスラム

出典:https://www.waseda.jp/inst/weekly/attention/2019/04/01/59710/

南谷さんは、

「日本人最年少」でエベレスト登頂

「女性世界最年少」で七大陸最高峰登頂

「探検家グランドスラム」(世界でわずか50人程度しか成功者がいないと
言われる七大陸最高峰登頂と北極点・南極点到達を達成する)を、
世界最年少の20歳112日で達成

と最年少記録も素晴らしいです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

自分を超え続ける 熱意と行動力があれば、叶わない夢はない [ 南谷 真鈴 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2019/6/12時点)

楽天で購入

 

登山の資金は自分で調達

南谷さんのすごいところは、登山費用を自分で集めたことです。

エベレストに登りたいと父親に言ったところ、
「いいんじゃない。でも資金面でのサポートはしない。自分でやりなさい」
と言われたので、資金を集めるためにどうすればよいのか考え、
スポンサーを探すことにしました。

ちなみにエベレストはネパール政府に支払う入山料だけで100万円以上かかるとか。

一介の女子高生がそんな大金を準備するのは、普通なら難しいですよね。

スポンサーを見つけるため、企業やメディアにひたすらメールを送ったそうです。

そのうち、東京新聞と読売新聞が取材して南谷さんについて
取り上げてくれたことから次第にスポンサーがつき、
資金を集めることができたそうです。

コネも何もないところから始めて、
ユニクロや博報堂などの大手企業がスポンサーになってくれたのは、
単に運がいいわけではなく、南谷さんの努力、才能の賜物ですね。

ミス日本特別賞を受賞

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ご報告が遅れましたが、この度「ミス日本特別顕彰」を頂戴しました。🙏🏻 私自身、今も驚きですが、とても嬉しく思っています。脈々と続くミス日本、歴代ミスの方々の伝統を受け継いで成長して行けたらと思っています。 これも影に陽にサポートして下さっている関係者の方々、これを読んでくださっている皆さんのお陰です、いつも応援ありがとうございます!💓 Most of you probably know this already but I received the Miss Japan ‘Special award’ last Monday ☺️ I am so grateful to the Miss Japan organization, everyone involved, friends and family, and to you reading this post. Thank you, thank you, thank YOU for the support 🌷 #ミス日本 #南谷真鈴 #missJapan #kimono #missnippon #specialaward #2019 #marinminamiya #着物 #振袖

M A R I N M I N A M I Y Aさん(@marin_minamiya)がシェアした投稿 –

南谷さんは、「第51回ミス日本コンテスト2019」にて、
特別賞「和田静郎特別顕彰ミス日本」を受賞されました。

「和田静郎特別顕彰ミス日本」とは、
”ミス日本コンテスト大会への応募に関わらず、
美と健康の素晴らしい資質を持った女性の
さらなる活躍を応援するという願いを込めて、
将来性ある女性1名に贈られる特別栄誉賞”
だそうです。

これは、2015年に元新体操選手でタレントの畠山愛理さんの
受賞以来4年ぶりだそうです。

着物がよく似あっていて本当におきれいですよね。

スポンサーリンク

まとめ

南谷真鈴さんについて、まとめてみました。

山だけでなく海の冒険にも挑戦したいという南谷さん。

今後のご活躍に期待したいと思います。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク