森友嵐士(T-BOLAN)は山梨に在住?妻や子供、現在は?【爆報!THEフライデー】

こんにちは。

3月7日の『爆報!THEフライデー』にT-BOLAN森友嵐士さんが出演されます。

現在は、山梨県の片田舎に在住されていらっしゃるそうで、
その様子が放送されるようです。

T-BOLANの歌、結構好きでした。

懐かしいですね。

ボーカルの森友嵐士さんはどんな方なのか?

現在は何をされていらっしゃるのか?

気になったので、調べてみました。

スポンサーリンク

森友嵐士さんのプロフィール

出典:森友嵐士

氏名  森友 嵐士(もりとも あらし)

本名  田辺 裕之(たなべ ひろゆき)

生年月日  1965年10月30日(53歳)

出身地  広島県府中市

血液型  AB型

学歴  東海大学理学部化学科卒業

(1年間だけ医学部の解剖学にいたらしい)

事務所  ビーイング

T-BOLANは、4人組のロックバンドで、
1991年に『悲しみが痛いよ』でメジャーデビューします。

『離したくはない』、『じれったい愛』、『Bye For Now』『マリア』など、
ヒット曲を連発しました。

1995年までの4年間で、なんと、1,700万枚のCDセールスを記録しています。

『離したくはない』、本当にいい歌ですよね。

森友さんの歌声やメロディーがせつなく胸に響いてきます。

T-BOLAN「離したくはない」MV

1995年、森友さんが原因不明の発声障害になり、
その後15年近く、歌がほとんど歌えなくなり、活動休止状態になります。

1999年に、喉の不調は心因性発声障害によるものであったと判明しますが、
原因も治療法も不明の病気であることから、森友さんの申し出により、
T-BOLANは解散することになりました。

2012年に再結成するも2014年に再び活動休止。

2017年に活動再開しました。

現在は、23年ぶりの全国ツアーの真っ最中だそうです。

これは、ファンにはうれしいですね。

山梨県に在住しているのはなぜ?

山梨県の河口湖は、1991年のデビュー後に、
プロモーションビデオの撮影で訪れ、一目惚れをしたところだそうです。

撮影の翌日にはログハウスを購入されたくらい気に入ったそうです。

声が出なくなった時、東京から通って、そのログハウスに何度も滞在し、
河口湖周辺を散策したそうです。

そこでは、自分がT-BOLANのボーカルであることを知る人はいなかったそうですので、
気を休めることができたんでしょうね。

そういったところから、山梨県に在住されるようになったのだと思われます。

森友嵐士さんの妻と子供は?

森友さんは、1994年に最初の結婚をされました。

相手は、「メリーメリーマリー」のボーカルのマリアさんという方で、
二人の間に娘さんも生まれたそうです。

ただ、マリアさんは、父親から虐待を受けていた過去があり、
出産がきっかけで多重人格障害という病気をわずらってしまったため、
半年で離婚することになったようです。

マリアさんは、その後、再婚されるのですが、
不幸なことに再婚相手からもDV被害を受け、再び離婚することになりました。

そして、残念なことにお子さんを残して、2004年、埼玉県にて亡くなりました。

ここでは詳細は書きませんが、ショッキングな亡くなり方だっため、
当時大きなニュースになったそうです。

森友さんも、別の女性と再婚され、息子さんが生まれたそうです。

ですので、お子さんは二人いらっしゃるようです。

スポンサーリンク

まとめ

森友嵐士さんについて、まとめてみました。

T−BOLANが復活し、あの歌声が再び聴けるようになったことは本当にうれしいです。

森友さんは、東日本大震災や九州豪雨の際には、被災地でのボランティア活動もされました。

現在も、コンサートを開催したり、福岡にカフェをプロデュースしたり、
復興のための様々な活動をされていらっしゃるそうです。

そんな森友さんの今後のご活躍を応援したいと思います。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク