諸岡ケンジの経歴、プロフィール、結婚は?現在は東京自由学院の学院長?【爆報】

こんにちは。

5月24日放送の『爆報!THEフライデー』に、
90年代に一世を風靡したイケメン歌手・諸岡ケンジさんが出演されます。

現在は、重大な社会問題と真剣に向き合っているそうなのですが、
その社会問題って何なのでしょうか。

諸岡ケンジさんについて、調べてみました。

スポンサーリンク

諸岡ケンジさんのプロフィール

出典:諸岡ケンジ

氏名  諸岡 ケンジ

生年月日  1961年2月28日

出身地  長崎県佐世保市

血液型  A型

職業  シンガーソングライター

諸岡さんは、子どもの頃、5人の海軍の軍人が実家に間借りしていた環境だったためか、
FEN(米軍極東放送網)やロックを聞いて育ちました。

小学生の頃にドラムを習いましたが、あまり興味がわかず1週間でやめて、
野球に打ち込みました。

大学時代に肘が上がらなくなったため、野球をやめて、
ギターを買い、歌を歌うようになりました。

あるとき、ロックコンサートを見て、音楽の道に進むことを決意し、
大学卒業後の21歳のときに上京しました。

アマチュアバンドを経て、1986年6月に「マリアンヌ」でデビュー。

ライブ活動を中心に、CMの楽曲やアニメの主題歌を手掛けたりなどされて
、ご活躍されました。

・「マリアンヌ

・「Don’t stop carry on」(「機動戦士Vガンダム」主題歌)

現在の活動は?

諸岡さんは、現在もライブ活動を行っています。

また、新人プロデュース楽曲の提供、
大手プロダクションタレントのボイストレーナー
としても活躍されています。

さらに、2015年からは東京自由学院の学院長を務めていらっしゃいます。

スポンサーリンク

東京自由学院とはどんなところ?場所は?

東京自由学院は、日本初の音楽専門の通信制サポート校です。

音楽レッスンと同時に、通信制高校のカリキュラムに従い、
3年間で高校卒業資格取得を目指すことができます。

高校のカリキュラムを学びながら、プロのミュージシャンや声優による楽器や歌、芸能の指導が受けられ、オーディション対策やプロデビューの機会をサポートしております。
通信制高校のサポート校として3年間で高卒資格の取得が目指せるほか、プロミュージシャンとして活躍するための職業的スキルを同時に習得することができます。

出典:東京自由学院ホームページ

氷川きよしさんや絢香さんもこの学校出身だそうですよ。

名称:東京自由学院

住所:〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2-18-11 サンモール道玄坂6F

電話:03-3476-0102

学院長になった理由は?

詳細は不明ですが、インタビューによると、最初は、
”ほんの小さな正義感”から引き受けたようです。

ところが、引きこもりや不登校の現実を知れば知るほど、
コトの重大さに気づき、ひとりでも多くの引きこもりを解消しようと
動き始めたのだそうです。

野球選手の夢を閉ざされ挫折したとき、
音楽が光になって救ってくれたというご自身の経験もふまえて、
不登校や引きこもりの問題も音楽の力でなんとかしたいと思われたんですね。

心を閉ざした子どもの心を開くのに、
その子どもが好きな音楽がきっかけになったりすることもあるようです。

諸岡さんが向き合っている社会問題とは、不登校や引きこもりのことだったんですね。

諸岡さんは結婚しているの?

諸岡さんは、2012年頃に結婚されているようですが、
相手の方についてはわかりませんでした。

スポンサーリンク

まとめ

諸岡ケンジさんについて、まとめてみました。

音楽を通して社会問題に取り組まれる諸岡ケンジさんの
さらなるご活躍に期待したいと思います。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク