西村真翔(書家・写経家)の経歴は?つや文字メソッドとは?【梅沢富美男のズバッと】

こんにちは。

6月5日放送の『梅沢富美男のズバッと聞きます!』に、
書家の西村真翔(にしむら しんしょう)さんが出演されます。

西村さんは、ただ美しいだけではない、

美文字よりも上品で色っぽい艶文字

を考案し、教えておられます。

きれいな字が書けると素敵ですし、印象が良くなりますよね。

つや文字ってどんな文字のこと?

西村真翔さんの経歴や教室は?

調べてみました。

スポンサーリンク

西村真翔さんのプロフィール

出典:https://profelier.jp/professional/1125

氏名  西村 真翔(にしむら しんしょう)

生年月日  1957年

出身地  不明

在住  名古屋市

職業  書家、写経家

西村さんは、幼少の頃から書道を始めました。

40代からは写経家として活動もされています。

今では希少な金字経(金泥を鹿膠で練り写経後、磨きをかけて光り輝く経典に仕上げる、
1300年前から伝わる技法)にも取り組まれていらっしゃいます。

金字経の作品は、パリ、東京、モナコの展覧会に出品されたこともあるそうです。

現在は、書道や写経の指導にも携わっていらっしゃます。

つや文字とは?

「艶文字」とは、”毛筆の筆使いをペン字に取り入れた艶っぽいひらがな”のことで、
西村さんの造語です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

艶文字ひらがな練習帳 美文字より上品で色っぽい![本/雑誌] / 西村真翔/著
価格:864円(税込、送料別) (2019/6/6時点)

楽天で購入

 

つや文字メソッドとは?

西村さんが、「20年ペン字をやっても上達しない」という生徒さんに、
どうやって教えれば体得しやすいかを研究する中で生まれたメソッドが、
艶文字メソッド」です。

これまでの美文字練習法は、お手本を真似て書いたり、
薄い文字をなぞったりするのが主流でしたが、
それだとお手本がないと書けず、なかなか身につきません。

艶文字メソッド」は、文字を図形としてとらえ、比率や角度などを考えて書きます

ひらがなを図として記憶するので、忘れにくく、再現性が高いのだそうです。

ですので、誰でも短期間で字が上達するのだそうです。

つや文字をマスターできる理由

1.艶文字は、ひらがなを図形としてとらえ、比率や角度をふまえて図形を描く感覚で取り組める。

2.「あ」から順に学ぶのではなく、形がシンプルな順に学び、その形を次の文字に活かせるので、上達の度合いが早い。

3.ひらがなは48文字しかないが、文章の70%~80%を占めるので、労少なくして文章全体を美しく見せる効果が高い。

出典:『美文字より上品で色っぽい! 艶文字ひらがな練習帳』(文藝春秋)より

つや文字のポイントは?

つや文字のポイントの動画がありました。

西村真翔さんの教室は?

調べてみたのですが、西村さんの教室に関する情報は見つかりませんでした。

お住まいが名古屋なので、名古屋に教室があるのかもしれませんが、
あまり大々的に生徒を募集されていないのかもしれません。

ただ、Profelier(プロフェリエ)では、西村さんの指導を
受けることができるプログラムが見つかりました。

Profelier(プロフェリエ)とは、マンツーマンで各種専門家から
サポートを受けることができるマッチングサービスです。

西村真翔さんのプログラムの申し込みページはこちらです。

↓ ↓ ↓

Profelier公式サイト:https://profelier.jp/program/1774

マンツーマンで学ぶことができるので、
西村さんから直接指導を受けたい!
きれいな字を早く書けるようになりたい!
という方にはいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ

西村真翔さんについて、まとめてみました。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク