岡根谷実里の世界料理レシピ、経歴、プロフィールは?【世界はほしいモノにあふれてる】

こんにちは。

10月24日放送の『世界はほしいモノにあふれてる。』に、
世界の台所探検家」の岡根谷実里さんが出演されます。

世界の台所探検家って何?って思いますよね。

岡根谷さんいわく、

「世界各地の家庭の台所を訪れて一緒に料理をし、
そこで見つけた「料理や食卓の楽しみ方」や、
料理から見える社会文化背景を発信していく」

という活動をされていらっしゃるそうです。

番組では、ウィーンとブルガリアに行って、
日本未上陸の台所レシピを発掘されたようです。

どんな料理が紹介されるのか楽しみですね。

岡根谷実里さんについて調べてみました。

スポンサーリンク

岡根谷実里さんのプロフィール

出典:https://note.mu/misatookaneya

氏名  岡根谷 実里(おかねや みさと)

生年月日  1989年

出身地  長野県長野市

在住  東京都

学歴  長野高等学校 → 東京大学 → 東京大学大学院 卒業

勤務先  クックパッド株式会社

岡根谷さんは、東大出身なんですね。

長野高等学校も長野県では有名な進学校で、偏差値は70もあるようです。

とても頭のいい方なんですね!

岡根谷実里さんの経歴

岡根谷さんは、高校のときに世界地理にはまったことから、世界に興味を持つようになりました。

大学に入学し、国際交流プログラムに参加したことで、
ますます海外、とくに途上国に関心を持った岡根谷さんは、
国際協力の分野でインフラ整備に携わりたいと思い、土木工学を専攻されました。

大学院に進学後、オーストリアのウィーン工科大学に留学。

世界の暮らしや文化にふれることがおもしろく、
留学した1年の間に30カ国も訪れたそうです。

本当に好奇心旺盛で行動力がありますよね。

さらにウィーンの国連機関でインターンを経験し、
リアルな途上国の現場に行きたいと思った岡根谷さんは、
ケニアの現地プロジェクトに参加。

このとき、自分が学んだ土木工学が人を幸せにするどころか、
場合によっては不幸にすることもあるのだと知らされる出来事がありました。

滞在していた村で大型道路を作る計画があったのですが、
それによって、村に住む人たちは家も学校もすべて立ち退かないといけなくなりました。

怒り、悲しむ村の人たちを見て、
生活を豊かにすると思った土木工学が人を不幸にしていると感じた岡根谷さんは、
幸せについて考えました。

ただ、そんな状況であっても、ケニアの人たちが、
家族みんなでいっしょに食事をしているときは笑顔で楽しそうな様子だったのを見て、
美味しいごはんを食べる幸せは世界共通だと実感。

そこから料理に関心を持つようになり、帰国後、クックパッドに入社しました。

最初は、レシピサービスの開発を担当していたのですが、
やはり海外への興味は尽きず、「世界の台所」を訪れるようになりました。

現在は、「世界の台所」を訪れて情報発信を行ったり、
小中学校で出張授業・イベント・講演・執筆などの活動をされていらっしゃいます。

スポンサーリンク

ウィーン&ブルガリア、世界の料理レシピ

岡根谷実里さんが世界で発掘した料理のレシピが
クックパッドで紹介されています。

もちろんウィーンやブルガリアの料理のレシピも掲載されています。

レーリュッケンというチョコレートケーキがめちゃくちゃ美味しそうです!

世界の台所探検家のキッチン → https://cookpad.com/kitchen/26096518

Cpicon ウィーンのばあちゃん直伝!レーリュッケン by 世界の台所探検家

Cpicon ハーブソルトが決め手!夏のトマトスープ by 世界の台所探検家

Cpicon 真っ黒に焼くだけ!?とろとろ焼きパプリカ by 世界の台所探検家

Cpicon ブルガリアの家族の味!リュテニツァ by 世界の台所探検家

スポンサーリンク

まとめ

岡根谷実里さんについてまとめてみました。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク