岡崎玲子の経歴や職業は?英検1級12歳で合格した天才が中学中退した理由は?【あいつ今何してる】

こんにちは。

5月8日放送の『あいつ今何してる?』に、岡崎玲子さんが出演されます。

岡崎さんは、当時最年少の12歳で英検1級に合格し、神童と注目されました。

英検1級は、東大の入試の英語問題よりも難しいと言われており、
当時の合格率は4.4パーセントでした。

すごいですね。

岡崎玲子さんについて調べてみました。

スポンサーリンク

岡崎玲子さんのプロフィール

氏名  岡崎 玲子(おかざき れいこ)

生年月日  1985年

出身地  兵庫県

岡崎さんは、兵庫県で生まれましたが、
父親の仕事の都合で、3歳から小学1年まで
カリフォルニア州アナハイムに住んでいました。

その後、中国の広州で暮らしました。

帰国後は、静岡県浜松市広沢小学校に通いました。

小学4年生のとき、英検3級に合格。

それから半年ごとに各級を受験し、

6年生のときに、英検1級に2回目の受験で合格しました。

当時史上最年少で合格し、マスコミでも紹介されました。

中学を中退した理由は?

岡崎さんは、公立中学校1年生の時には、

TOEFL 670点

TOEIC 975点

国連英検特A級

を取っています。

これだけ天才ぶりを発揮した岡崎さん、実は中学を中退されています。

理由は、アメリカ留学でした。

2000年、アメリカ・コネチカット州ウォーリングフォード市にある寄宿制私立高等学校、チョート・ローズマリー・ホール校に奨学金付きで合格したのです。

この高校は、ジョン・F・ケネディ元大統領などの著名人を輩出しており、
当時のアメリカのトップ3に入るといわれる
名門プレップスクール(寄宿制私立高等学校)でした。

岡崎さんは、2000年9月、中学3年生のときに、
チョート校の2年生として入学しました。

中学を卒業してからではなく、中退して留学するという決断がすごいですよね。

ご両親もよく許可されましたよね。

2000年の冬には、留学先の体験を書いた本の出版を企画して出版社に売り込み、

2001年『レイコ@チョート校』を出版しました。

16歳で本の出版まで企画するというのも、常人にはなかなかできないですよね。

岡崎さんの著書です。

 

なお、2004年に発刊した『9・11ジェネレーション』は、
黒田清JCJ(日本ジャーナリスト会議)新人賞を受賞しています。

 

現在は、オーストラリアで弁護士として活躍

2003年6月にチョート校を卒業した後は、早稲田大学法学部に入学しました。

大学卒業後は、アメリカの弁護士資格の取得を目指し、
カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)の法科大学院へ進学しました。

カリフォルニア州での司法試験には、残念ながら失敗し、一時日本に帰国します。

イラン関連のビジネスをしていましたが、
再びアメリカに行き、ニューヨーク州の弁護士資格を見事、取得しました。

その後は、オーストラリアのモナッシュ大学で学び、
オーストラリアのヴィクトリア州法廷弁護士として登録し、
現在も活動中だそうです。

スポンサーリンク

まとめ

岡崎玲子さんについて、まとめてみました。

岡崎さんのさらなるご活躍に期待しましょう。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク