高橋唯(ソプラノ)の経歴、プロフィールは?妹はアナウンサー⁈【題名のない音楽会】

こんにちは。

7月6日の『題名のない音楽会』に、
ソプラノ歌手の高橋唯さんが出演されます。

出典:https://ameblo.jp/mnrv1118/

オペラの若手トップスターとして活躍される高橋さんについて、
調べてみました。

スポンサーリンク

高橋唯さんのプロフィール

氏名  高橋 唯(たかはし ゆい)

生年月日  1985年11月18日

出身地  新潟県上越市

血液型  A型

二期会会員

高橋唯さんの学歴は?

上越教育大学付属中学校 卒業

2004年 新潟県立高田高等学校 卒業

2008年 東京学芸大学 中等教員養成課程音楽科声楽専攻 卒業

2010年 東京学芸大学大学院 音楽教育専攻音楽コース 修了

東京藝術大学大学院 修士課程独唱専攻 修了

二期会オペラ研修所第56期マスタークラス修了

修了時には、奨励賞、優秀賞受賞。

2016年、第27回五島記念文化賞オペラ新人賞受賞により、

2017年、五島記念文化財団の助成でウィーンに渡り研修。

現在も明治安田クオリティオブライフの助成により
ウィーンで研鑽を重ねているそうです。

高橋さんのレコーディングの動画がありました。

とてもきれいな歌声が聴けます。

高橋さんのオペラ歴は?

2015年5月、二期会ニューウェーブ・オペラ劇場『ジューリオ・チェーザレ』で、
クレオパトラでの主演デビュー。

同年7月、東京二期会・リンツ歌劇場共同制作『魔笛』
(デニス・ラッセル・デイヴィス指揮、宮本亜門演出)に、夜の女王役で出演。

同年11月、東京二期会『ウィーン気質』に、ペピ役で出演。

2016年7月、東京二期会『フィガロの結婚』(サッシャ・ゲッツェル指揮、
宮本亜門演出)にスザンナ役で出演。

同年9月、あいちトリエンナーレ『魔笛』(ガエタノ・デスピノーサ指揮、
勅使河原三郎演出)に夜の女王役で出演。

同年11月、東京二期会・ライプツィヒ歌劇場提携公演『ナクソス島のアリアドネ』
(シモーネ・ヤング指揮、カロリーネ・グルーバー演出)に、ツェルビネッタ役で出演。

その他にも、『愛の妙薬』アディーナ、『ラ・ボエーム』ムゼッタ、
『こうもり』アデーレ、『メリー・ウィドウ』ヴァランシエンヌ、
『白狐』(平井秀明作曲、世界初演)に乙女・狐の妖精等で出演。

【コンサートソリスト】

・ヴィヴァルディ「グローリア」
・ヘンデル「メサイア」
・バッハ「コーヒー・カンタータ」
・ベートーヴェン「第九」などに出演。

神奈川フィルハーモニー交響楽団、読売日本交響楽団、
日本フィルハーモニー交響楽団等、国内主要オーケストラとの共演を重ね、
オペラ以外でも活躍されています。

歌手になったきっかけは?

高橋さんは小さいころからピアノを習っていました。

通っていた中学校は合唱が盛んで、ピアノの伴奏をしていました。

とくに歌手志望というわけではなく、最初は先生になりたかったそうです。

高校からは歌う方が楽しくなってきたこと、
人前に出ることが嫌いではなかったことから、
歌手になる道を志したそうです。

スポンサーリンク

アニメ好きな一面も

高橋さんは漫画やアニメが好きなのだそうです。

とくに好きなのは、「エヴァンゲリオン」だそうです。

オペラ歌手というと、なんとなくおかたいイメージがあるのですが、
漫画好きと聞くとなんだか親しみが湧いてきますね。

家族は?

高橋さんには、ご両親と2歳下の妹さんがいます。

妹さんは、高橋 映(たかはし あき)さんとおっしゃり、
とちぎテレビアナウンサーをされていらっしゃいます。

映さんは、2014ミス・ユニバース・ジャパンの
ファイナリストになっただけあって、おきれいな方です。

美人姉妹なんですね(^^)

スポンサーリンク

まとめ

高橋唯さんについて、まとめてみました。

高橋さんの今後のご活躍に期待したいと思います。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク