徳永真一郎の経歴、プロフィールは?天才ギター少年の受賞歴や現在は?【あいつ今なにしてる】

こんにちは。

8月28日放送の『あいつ今何してる?』に、
ギタリストの徳永真一郎さんが出演されます。

徳永さんは、徳島県屈指の進学校・城東高校出身で、
超天才ギター少年として小学生の頃から有名だったそうです。

徳永真一郎さんについて、調べてみました。

スポンサーリンク

徳永真一郎さんのプロフィール

氏名  徳永 真一郎(とくなが しんいちろう)

生年月日  不明(30歳くらい)

出身地  徳島県

職業  ギタリスト

所属  パシフィック・コンサート・マネジメント

受賞暦

出典:http://shinichirotokunaga.com

徳永さんがこれまで受賞された賞暦です。

ほとんど優勝ばかりで、小学生の頃から活躍されていたことがわかります。

2000年

・第22回ジュニアギターコンクール 小学生の部1位

2001年

・第23回ジュニアギターコンクール 最優秀賞

・第28回日本ギターコンクール 中学生の部1位

・第26回G.L.C.学生ギターコンクール 中学生の部1位

2002年

・第8回徳島県文化協会奨励賞

・第27回G.L.C.学生ギターコンクール G.L.C.賞(全部門を通して最優秀賞)

2003年

・第30回日本ギターコンクール オヌール部門優勝

・第21回スペインギターコンクール優勝

2008年

・ナクソス国際ギターコンクール第3位:ギリシャ

2010年

・オルシュティン国際ギターコンクール第1位及びグランプリ:ポーランド

・とくしま芸術文化奨励賞

2016年

・ブーローニュ現代音楽コンクール <Musique de dernier siècle>
審査員特別賞・課題曲賞:フランス

2018年

・ヴェリア国際ギターコンクール 第2位:ギリシャ

・よんでん芸術文化奨励賞

・アルバム『テリュール』第73回文化庁芸術祭レコード部門優秀賞

これだけ華やかな受賞歴から、一見、順風満帆な人生
だったようにも見えますが、番組では
「“スランプ…”“ボロボロで全然通用しない…”栄光と挫折を経験した」
と説明されているので、一時は相当苦労された様子がうかがえます。

それを乗り越えて、現在、ご活躍されていらっしゃるのは、すばらしいですね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【取寄商品】 CD/テリュール (ライナーノーツ)/徳永真一郎/MM-4038
価格:3175円(税込、送料無料) (2019/8/27時点)

楽天で購入

 

徳永真一郎さんの経歴

徳永さんは、9歳からギターを始めました。

その実力から、小学生のときからテレビや新聞に取り上げられた天才少年でした。

高校は、徳島県立城東高等学校に入学。

徳島県屈指の進学校で、偏差値は64あります。

東大、京大や医学部に進学する生徒もいるようなレベルの高校です。

ギターだけでなく、勉強もできる本当に優秀な方なんですね。

この高校出身の有名人は、

・チームラボ株式会社代表取締役社長の猪子寿之さん
・瀬戸内寂聴さん

などがいらっしゃいます。

上記の通り、国内のコンクールで入賞を重ね、
2007年、高校卒業後にフランスに渡りました。
 
ストラスブール地方⾳音楽院を経て、
2011年からはパリ国立高等音楽院で学びました。
 
2016年、同音楽院修⼠課程を満場一致の首席で卒業されました。
 
2017年、マドリッドのソフィア王妃芸術センターにて、
指揮ジョルディ・フランセスのアンサンブル・ソニド・エクストレモと共演し、
作曲家・松宮圭太氏の《ギターとアンサンブルのための⼩協奏曲》の
世界初演のソリストを務めました。
 
これまでに師事したのは、下記の方です。
 
・ギター → 川⽵道夫、アレクシス・ムズラキス(デュオ・メリス)、
       ローラン・ディアンス、ジュディカエル・ペロワ各氏
 
・古楽・リュート → 今村泰典氏
 
・ステファノ・グロンドーナ、ゾーラン・ドゥキッチ、カルロ・マルキオーネ各氏
のマスタークラスを受講。
 
・キジアーナ音楽院のオスカー・ギリア⽒のクラスにて最優秀ディプロマを取得

現在、ギタリストとして活躍するかたわら、イベントでギターのレッスンを
されたりすることもあるようです。

ギターを始めたきっかけは?

もともと徳永さんの父親が趣味でギターを弾いていたので、
幼い頃からギター曲を聴いて育ちました。

9歳のときに、父親が通っていた先生のレッスンに一緒に行き、
「気付いたらギターを習い出していた」そうです。

ギターを始めて最初の2年間は練習もあまりせず、
ただの習い事としてやっていたのですが、
小学5年のときに初めて出場したコンクールで、
同世代の子供たちがあまりにも上手だったことに衝撃を受け、
それからはしっかり練習するようになったそうです。

スポンサーリンク

まとめ

徳永真一郎さんについて、まとめてみました。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク