和紙ちぎり絵作家・辻井華洲のプロフィール、作品、教室は?娘も作家?【プレバト】

こんにちは。

和紙ちぎり絵作家の辻井華洲さんが、1月31日のプレバトに「和紙ちぎり絵の才能査定ランキング」で、講師として出演されます。

45年以上も和紙ちぎり絵に携わり、第一人者でもある辻井華洲さんのプロフィールは?

どんな作品を作っているの?

結婚しているの?

いろいろ気になったので、調べてみました。

スポンサーリンク

辻井華洲さんのプロフィール

名前  辻井 華洲(つじい かしゅう)

生年月日  1942年生まれ(76歳?)

出身地  不明

所属  和紙ちぎり絵辻が華会

辻井さんは、5年間の中学教師を経て、ちぎり絵制作活動に入られました。

1975年に、和紙ちぎり絵辻が華会が結成され、会長に就任されます。

1988年から2016年まで、NHK学園生涯学習ちぎり絵通信講座の監修をされています。(現在は休講中です。)

京都市教育功労者賞受賞を2回も受賞されていらっしゃいます。

辻井さんは、ちぎり絵に関する書籍を何冊も出版されています。

【辻井さんの書籍】

●日本ヴォーグ社

・初めての和紙ちぎり絵

・やさしく楽しい暮らしのちぎり絵基礎シリーズ

・やさしいちぎり絵

●ブティック社

・やさしいちぎり絵

・小さなちぎり絵

辻井華洲の作品は?

辻井さんの作品をいくつかご紹介します。

出典:https://www.chigirie-tsujigahana.com/gallery

美しくて幻想的な作品ばかりですね。

和紙の質感と淡い色合いのためか、優しい雰囲気がただよっていて、とても素敵ですね。

これが和紙で作られているなんて信じられません。

和紙でできていると言われないとわかりません。というか言われてもわかりません。

本当に驚きですね。

和紙ちぎり絵の作り方は?

和紙のちぎり絵の作り方です。

ちぎり絵 作り方  ~和紙ちぎり絵 辻が華~

作業工程は難しくなさそうなので、老若男女問わず、楽しく作れそうですね。

辻井華洲の和紙ちぎり絵の教室の場所はどこ?

辻井華洲さんのちぎり絵教室について調べました。

辻井さんが直接指導する教室は、下記の2か所です。

●京都アスニー・アトリエ

場所:京都市中京区聚楽廻松下町9-2 (丸太町通七本松西入る)

電話:075-812-7222

レッスン:春期・秋期・冬期 各10回(水曜日10時~12時)

●甲南山手カルチャーセンター

場所:兵庫県神戸市東灘区森南町1-5-1 セルバ甲南山手5F

電話:078-413-9611

レッスン:第2・第4金曜日 13時~15時

上記以外に神奈川県で教室が開催されていますが、指導してくださるのは、他の先生になります。

辻井さんは結婚しているの?子どもはいるの?

ご主人の情報は見つかりませんでしたが、娘さんがいらっしゃることはわかりました。

娘さんも和紙ちぎり絵作家で、お名前は、辻井 華清(つじい かせい)さんと言うそうです。

和紙ちぎり絵辻が華の代表をつとめ、サイトの運営もされていらっしゃいます。

『プレバト』に出演!辻井先生、大絶賛のちぎり絵作品が誕生?!

今回のちぎり絵の査定は、第3弾になります。

「冬」をテーマに作品が作られるようです。

辻井さんに「手直しする必要はございません。」と言わしめた傑作を作った芸能人はどなたでしょうか?

楽しみですね。

スポンサーリンク

まとめ

私なりに辻井華洲さんについてまとめてみました。

辻井さんのますますのご活躍を祈念いたします。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク