絵本講師:内田早苗のプロフィール。マツコの知らない世界に出演!

こんにちは。

内田早苗さんが、1月22日の『マツコの知らない世界』に出演されます。

内田さんは、絵本講師をされており、読み聞かせ絵本の世界について語ってくださるそうです。

絵本講師って何?

どんなことをされているの?

おもしろそうだなと思ったので、内田早苗さんがどんな方なのか、調べてみました。

スポンサーリンク

内田早苗さんのプロフィール

出典:内田早苗

名前  内田 早苗(うちだ さなえ)

出身地  大阪府

血液型  B型

ご自宅を開放して、月に2回、絵本で子育て教室『きいろいおうち』を開かれています。

絵本カフェとしても営業されているそうです。

内田さんが集められた1500冊の絵本が自由に読むことができるそうです。

内田さんは、普段は不動産屋で働かれているそうなので、教室は月2回だけになります。

ご自宅だけでなく、出張絵本講座も開催されています。

シングルマザーで、仕事をしながら、絵本講師としても精力的に活動されていらっしゃるのは、すごいですね。

内田さんが絵本講師になったきっかけは?

内田さんは子どもが苦手で、ご自身も子育てに悩まれていたそうです。

どうしたら、いい子育てができるのか?

そんなことを悩まれていた頃、絵本講師のことを知ったそうです。

絵本講師の資格を取得して、読み聞かせの力のすごさを知り、自分と同じように悩んでいる母親の助けになりたいと思って、教室を開催されるようになったそうです。

絵本講師とは?

NPO法人「絵本で子育て」センターが開催する『絵本講師 養成講座』を受講することによって得られる資格だそうです。

公的資格ではなく、民間資格だそうです。

全6回の講座を1年かけて受講し、課題を提出しないといけないようです。

開催場所は、主に東京・大阪なので、遠方の方は受講するのが大変かもしれません。

それでも、現在、約1600人の絵本講師が誕生しているそうなので、絵本や子育ての知識を深めたいという強い思いをもって講座に臨まれている方が多いのだと思います。

絵本は、教育に役立たない?!しつけには効かない?!

「マツコの知らない世界」で、「絵本は、教育に役立たない。」「しつけには効かない」など、衝撃的な発言をされています。

その真意とは?

気になりますね。

また、子どもに読んであげたくなる絵本や声に出して楽しめる絵本を紹介してくださるそうですので、お子さんがいらっしゃる方、必見ですね。

まとめ

私なりに、内田早苗さんについてまとめてみました。

内田さんの今後のご活躍を祈念いたします。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク